会員専用ページへ
オンラインショップ
スプリンクラーヘッド
フレキシブルジョイント
アラームバルブ
各種アクセサリ
バンテックインターナショナル 〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-1-7 四ツ橋日生ビル TEL. 06-6537-1131 / FAX. 06-6537-1141
  • BTIスプリンクラーシステム
  • 取扱いメーカー
  • 設置をご検討の施工業者様へ
  • お問い合わせ
BTIスプリンクラーシステム
命や財産といった大切なものを守るスプリンクラー。だからこそ、確かなものを選びたい。
スプリンクラー設備は、発火初期に最も威力を発揮する消火設備です。この初期鎮火が確かなものであればあるほど、被害を最小限に抑えることができます。バンテックインターナショナルがご紹介するスプリンクラーヘッド、フレキシブルジョイント、アラームバルブのスプリンクラーシステム一式は、衝撃に強く、感知能力に長け、抜群の封水性と散水力を兼ね備えた、総合的に世界で高い信頼性のあるFESCOブランドの製品です。お客さまにとってかけがえのない人の命、大切な財産を守りたいからこそ、私たちは確かなスプリンクラーをご提供するのです。

スプリンクラーヘッド
バンテックインターナショナルが取扱うスプリンクラーヘッドは、感熱体にチタン製リングを採用した「リング式全周保持方式」を採用。外部衝撃に対し高い強度と封水性を誇っています。またコンパクトな外観は天井面にほぼフラットな取り付けが可能で、美観にも優れています。

【施工方法】
※施工者により異なりますが、代表的な施工方法をご紹介します。
1.天井ボード施工前に所定の位置にスプリンクラーヘッドを設置する。
2.スプリンクラーヘッド設置位置に穴あけされた天井ボードを貼り付ける。
3.仕上げ用の専用シーリングプレート(付属品)を取り付ける。
フレキシブルジョイント
現在、スプリンクラー消火設備の巻き出し配管工事に多く採用されている
ステンレス製フレキシブルジョイントです。当社でご案内する製品は、
UL及びFMの認定を取得し、世界的にその品質が認められております。
優れた可撓(かとう)性と耐久性、耐圧性を持ち、圧力損失値も極めて少ない数値となることが特徴です。止水を行うO-リングには、耐久性と機械的強度に優れたEPDMを採用しています。

【施工方法】
※施工者により異なりますが、代表的な施工方法をご紹介します。
1.ニップルを配管取り出し口に接続する。
2.スプリンクラーヘッドを取り付けたフレキシブルチューブ本体を
  ニップルに接続する。
3.天井下地工事完了後、専用金具にて所定の位置に
  スプリンクラーヘッドを固定する。
フレキシブルジョイントの性能比較 A社 B社 C社 D社 PDS-J1型
試料呼び長さ 1,100mm 1,100mm 1,100mm 1,000mm 1,000mm
最高使用圧力(MPa) 1.4 1.4 1.4 1.4 1.4
圧力損失(等価管長・m) 8.0 20.0 6.0 28.0 3.4(実測値)
最大反力(N) 60.0 32.0 100.0 88.2 41.3(実測値)
繰り返し曲げ試験(r=60mm,90度) 16回 7回 8回 22回 31回
SPヘッド接続ネジ部に締付トルク
52Nの負荷した時の外径変位(%)
測定不可 (接続部固定不可) 1.28 0.41 0.39 0.08

※PDS-J1型以外のデータは公表値。

アラームバルブ
スプリンクラー及び泡消火設備において重要な構成機器のひとつ、アラームバルブ(警報弁型流水検知装置)は、スプリンクラーヘッドが作動することで管内の流水を検知し、付属のアラームスイッチを起動させ、警報信号を送ります。アラームスイッチには遅延タイマーが内蔵され、瞬間的な圧力変動など消火ポンプの誤作動による警報の発令を防ぎます。

【施工方法】
※施工者により異なりますが、代表的な施工方法をご紹介します。
・適宜な規格のフランジにボルト、ナットで接続する。